僕が対面に拘る理由

僕が対面に拘る理由 1024 683 Hanabi Staff

今日のはちょい長いっす。

花火は時代に逆行しているかもしれないけど、「対面」でのコミュニケーションをめちゃくちゃ大事にしている。

3つのvalueの1つにも刻んでいる。

電話やメール、Zoom、チャットツール等が発達して、顔を合わせなくても簡単にコミュニケーションを取ることができるようになった。

けどこういった顔を合わせないコミュニケーションって、要件をお互い伝えあうだけになってしまって、会話から無駄が削ぎ落されてしまうんよね。
メールで仕事のやり取りしていて、今日何食べたとかペットの様子とか送ったりしないよね?

こういったツールは仕事の効率化が図れて便利なんだけど、
会話に余白(無駄)が生まれないし、遊びがなくなる。

便利ツールを否定してるわけじゃない。
花火でもいくつも取り入れているし、要は使い方。

良い仕事をするためには、チームワークは不可欠。
チームワークを発揮するためには、お互いをよく知り仲良くなることが不可欠。
ギスギスした、お互いが遠慮し合うチームだと相乗効果は生まれずチーム力は発揮されない。

そしてお互い仲良くなるために必要なものは、仕事とは関係のない「余白のコミュニケーション」。

「今日こんな良いことがあった」
「これやったら上手く行った」
「最近こんな映画観て感動した」
「ランチで〇〇食べて美味しかった」
「最近これにハマっている」

…とかとか。

生産性のないようにみえるこういった余白のコミュニケーションこそ僕は大切にしたい。

そのために花火では、朝礼、終礼に一見無駄に見える項目を入れてたり、距離を近づけるためにファーストネームで呼び合うようにしていたり、毎月対面での個人面談、月1回の懇親会など色々と余白のコミュニケーションが生まれる仕組みをつくっている。

この余白を通して、相手がどんな価値観を持っているのか、
何に興味があって、
何に喜びを感じて、
何に苛立って、
何に感動するのか、

仕事の報連相だけではみえてこない、お互いの人間性の部分を知ることができる。

これからの社会、テレワークやオンライン化は進み、どんどん働き方が効率的になっていく。
それに伴いチームメンバーと顔を合わせる機会も減っていく。
社内のコミュニケーションの余白も削られていく。

新型コロナウイルスがこの流れを一気に加速させた感じ。

花火のvalueの1つ。
「対面にこだわる」

時代には逆行しているかもしれない。
けど、これがチームの活性化、最高の看護に繋がると僕は思っている。

これからもZoomやチャットツールなど便利なものはどんどん取り入れていく。
取り入れつつも、花火の1人1人が対面でのコミュニケーションを大切にしてほしい。

これを花火の文化にしていく。

この記事みてくれてるスタッフの皆も
よろしくねー。


会社見学、応募はこちらから!
お問い合わせフォーム